ディーン・フジオカ『モンテ・クリスト伯』最終回に称賛続々「伝説的ドラマだった」

日刊大衆

ディーン・フジオカ『モンテ・クリスト伯』最終回に称賛続々「伝説的ドラマだった」

ディーン・フジオカ(37)の主演ドラマ『モンテ・クリスト伯 -華麗なる復讐-』(フジテレビ系)が最終回を迎えた。  同作の主人公は、親友たちにハメられ、無実の罪をかぶり、外国の牢獄に15年間幽閉されていた漁師の柴門暖(ディーン)。柴門は、牢獄で知り合ったその国の元大統領、ファリア真海(田中泯/73)から多額の資産を譲り受けた後に“モンテ・クリスト・真海”と名前を変えて帰国し、事件の関係者に復讐して...

「ディーン・フジオカ『モンテ・クリスト伯』最終回に称賛続々「伝説的ドラマだった」」のページです。デイリーニュースオンラインは、モンテ・クリスト伯-華麗なる復讐-高橋克典山口紗弥加ディーン・フジオカ山本美月エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧