他人名義で所得を得た場合、所得の帰属は名義人と実質所得者のどちらか

相談LINE

他人名義で所得を得た場合、所得の帰属は名義人と実質所得者のどちらか

税においては、所得の帰属が問題になります。所得の帰属とは、文字通り法人税や所得税の課税対象になる所得が実際のところ誰になるかを判断することを言います。特に、税務上は実質所得者課税の原則というものがあるため、この所得の帰属は往々にして問題になります。 ■実質所得者課税の原則とは 実質所得者課税の原則とは、法律上所得を稼いだとみられる者が単なる名義人であり、その所得を実際は収入しておらず、別人が所得を...

「他人名義で所得を得た場合、所得の帰属は名義人と実質所得者のどちらか」のページです。デイリーニュースオンラインは、マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧