「虫歯治療でガンになる」衝撃実態(3)髄膜炎や脳梗塞を引き起こす

アサ芸プラス

「虫歯治療でガンになる」衝撃実態(3)髄膜炎や脳梗塞を引き起こす

当然、水分が通わなくなった歯は、しだいに枯れたような状態になり、立ち木の枝同様、何の前ぶれもなくポキンと折れる可能性がある。しかも歯を抜くとモノが噛みづらくなるため、必然的に噛む力は弱くなる。「噛むという動作には脳、中でも記憶に関する働きに関わる海馬を刺激し、活性化させる大切な働きがある。つまり、噛む力が弱まり、回数が減るということは海馬への刺激が少なくなるため、認知症になったり身体能力が低下...

「「虫歯治療でガンになる」衝撃実態(3)髄膜炎や脳梗塞を引き起こす」のページです。デイリーニュースオンラインは、ボーンキャビテーション小峰一雄ガン虫歯社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧