辰巳琢郎「おいしいものを、自然に“おいしい”と感じられる状態にいられることが、人間は一番幸せ」幸せを食べる人間力

日刊大衆

辰巳琢郎「おいしいものを、自然に“おいしい”と感じられる状態にいられることが、人間は一番幸せ」幸せを食べる人間力

1991年1月から93年末まで『くいしん坊!万才』(フジテレビ系)のレポーターを務め、だいぶ鍛えられました。幼い頃から家では「ご飯粒ひとつ残しちゃいけない」という教えが叩き込まれていましたが、そのうえでさらに、食に対する考え方や立ち位置を学びましたね。  苦手だった貝類なども食べられるようになりましたが、クセがありすぎる食べ物については、「テレビを見ている人が食べたいと思わないものはやめません...

「辰巳琢郎「おいしいものを、自然に“おいしい”と感じられる状態にいられることが、人間は一番幸せ」幸せを食べる人間力」のページです。デイリーニュースオンラインは、生活習慣栄養食事エピソード東京カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧