電動自転車による死亡事故に“執行猶予”判決!「刑が軽すぎる」の声

アサジョ

電動自転車による死亡事故に“執行猶予”判決!「刑が軽すぎる」の声

スマートフォンと飲み物を持ちながら電動アシスト自転車に乗り、歩行者にぶつかり死亡させた元大学生の女性(20)に、横浜地裁川崎支部(江見健一裁判長)は8月27日、禁錮2年、執行猶予4年の判決を言い渡した。江見裁判長は「歩行者を死傷させ得るとの自覚を欠いた運転は自己本位で過失は重大」と指摘した。 この判決について、ネット上では「相手死なせて執行猶予か。甘いよね」「過失は重大と言いながらこの判決じゃ軽いよね...

「電動自転車による死亡事故に“執行猶予”判決!「刑が軽すぎる」の声」のページです。デイリーニュースオンラインは、電動自転車事故自転車スマホ裁判社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧