障害は努力で直る?ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』の描写に批判

まいじつ

障害は努力で直る?ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』の描写に批判

吉岡里帆主演ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』(フジテレビ系)の第7話が8月28日に放送されたが、この回の“オチ”が物議を醸している。 同ドラマは生活保護受給者と向き合う「生活課」に所属する新人公務員・義経えみる(吉岡)が主人公。同僚や上司たちに支えられながら、生活保護受給者と心を通わせていく。 第7話では、えみるの同僚で頭脳明晰な栗橋(川栄李奈)が、中林吉徳(池田鉄洋)という生活保護者を担当する...

「障害は努力で直る?ドラマ『健康で文化的な最低限度の生活』の描写に批判」のページです。デイリーニュースオンラインは、識字障害健康で文化的な最低限度の生活吉岡里帆川栄李奈障害者エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧