アニメ主題歌「超名曲」の多くが原作者によって産み出されてきた理由

まいじつ

(C)baranq / Shutterstock
(C)baranq / Shutterstock

静岡県清水市に住む小学校3年生の女の子の、1975年ごろの日常生活を描いた漫画『ちびまる子ちゃん』の作者・さくらももこさんが、8月15日に亡くなった。モデルはさくらさん自身の少女時代だ。 作品のアニメ主題歌である『おどるポンポコリン』は、『B.B.クィーンズ』が歌うオリジナル版がリリースされた後、『E-girls』や『ゴールデンボンバー』などがカバー。30年近く歌い継がれる名曲となっているが、同曲の作詞を手掛けたの...

「アニメ主題歌「超名曲」の多くが原作者によって産み出されてきた理由」のページです。デイリーニュースオンラインは、おどるポンポコリン石ノ森章太郎やなせたかしさくらももこちびまる子ちゃんカルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧