武豊 4000勝の「初耳“裏”トリビア」18(2)海外から持ち込んだ数々のモノ

アサ芸プラス

武豊 4000勝の「初耳“裏”トリビア」18(2)海外から持ち込んだ数々のモノ

武のデビューは87年。その競馬人生は、日本が国際化への道を歩んできた歴史とほぼ重なる。「日本競馬界の進歩は、武が早くから海外に目を向けたことと無縁ではないでしょう。デビュー2年後の89年には、馬主のバックアップもあって初のアメリカ遠征を果たし、海外初勝利を挙げています」(競馬サークル関係者) その後は毎年のようにイギリス、フランスなどに渡り、本場の競馬を肌で感じてきた。その「成果」は計り知れないもの...

「武豊 4000勝の「初耳“裏”トリビア」18(2)海外から持ち込んだ数々のモノ」のページです。デイリーニュースオンラインは、オリビエ・ペリエ週刊アサヒ芸能 2018年 10/18号騎手武豊競馬エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧