実は4度も名前を変えていた徳川家康。家康はなぜ「松平」から「徳川」に改姓したの?

Japaaan

実は4度も名前を変えていた徳川家康。家康はなぜ「松平」から「徳川」に改姓したの?

4度も名前を変えた「徳川家康」 徳川家康といえば、おそらく日本では知らない人はいない、江戸幕府を開いた初代将軍です。そんな彼、実は何度も名前を変えているということをご存知でしょうか? 徳川家康肖像画/Wikipedia 天文11(1542)年12月26日に誕生した徳川家康は、幼名を竹千代といいました。そして今川義元の人質として駿府にいた時に 14歳で元服し、松平元信と名乗りました。 その後、祖父である松平清康の「康」の字...

「実は4度も名前を変えていた徳川家康。家康はなぜ「松平」から「徳川」に改姓したの?」のページです。デイリーニュースオンラインは、将軍徳川家康江戸時代カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧