1位の記録は規格外?年6場所制後の大相撲“ブランク”優勝トップ3

リアルライブ

1位の記録は規格外?年6場所制後の大相撲“ブランク”優勝トップ3

先の9月場所では全15日間を完走し、ひとまず進退問題をクリアした第72代横綱稀勢の里。来月に控える11月場所では、昨年3月場所以来となる優勝も期待されているが、その一方で怪我によるブランクの影響を懸念する声もまだまだ根強い。 ただ、角界の歴史の中では、稀勢の里以上のブランクを経て優勝を成し遂げた力士もいる。全てを紹介するとここでは収まらなくなるため、今回は年6場所制が導入された1958年以降のトップ3に絞っ...

「1位の記録は規格外?年6場所制後の大相撲“ブランク”優勝トップ3」のページです。デイリーニュースオンラインは、スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧