居住用財産売却時の譲渡所得税3千万円控除の概要と一構えの家屋の解釈

相談LINE

居住用財産売却時の譲渡所得税3千万円控除の概要と一構えの家屋の解釈

自分が住んでいる家を売却する場合、譲渡所得税がかかりますが、その特例として3千万円までは譲渡所得税がかからないという特例があります。これが、居住用財産の3千万円控除と言われる制度であり、その制度の適用を受けるためには、原則として以下の要件を満たしている必要があります。 ■居住用財産の3千万円控除とはどんな要件? (1)自分が住んでいる家屋を売るか、家屋とともにその敷地などを売ること。 なお、以前に...

「居住用財産売却時の譲渡所得税3千万円控除の概要と一構えの家屋の解釈」のページです。デイリーニュースオンラインは、マネーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧