マツコ『好感度』が急落!? もはや「視聴者の代弁者」ではない理由

まいじつ

マツコ『好感度』が急落!? もはや「視聴者の代弁者」ではない理由

マツコ・デラックスの発言が物議を醸している。 11月19日放送の『5時に夢中!』(TOKYO MX)で、マツコは政府が掲げた氷河期世代への就労支援策に持論を展開した。 番組では、厚生労働省が「バブル崩壊後の就職氷河期で希望する仕事に就けず、現在は働いていない人の就業や自立支援を行う」という『読売新聞』の記事を取り上げて解説。これに対し、マツコは「もちろん、そういう時期があって苦労した人がいっぱいいるのは分か...

「マツコ『好感度』が急落!? もはや「視聴者の代弁者」ではない理由」のページです。デイリーニュースオンラインは、5時に夢中!マツコ・デラックスエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧