「大谷翔平は打者専念で歴史を作れる」村田兆治インタビュー

日刊大衆

「大谷翔平は打者専念で歴史を作れる」村田兆治インタビュー

――村田兆治氏(69)は、1976年に21勝をマークし、81年には19勝8敗で最多勝。通算215勝を挙げた名球会投手だが、簡単に勝ち星を積み重ねられたわけではなかったようだ。 村田:自分のフォークを打席から見ることはできないけど、対戦したバッターの話を聞くと、途中でボールが消えるらしいね。そんなマンガみたいな魔球を打てるわけないよ(笑)。  確かに、ワンバウンドするようなボールでも、バットがクル...

「「大谷翔平は打者専念で歴史を作れる」村田兆治インタビュー」のページです。デイリーニュースオンラインは、野村克也大谷翔平プロ野球エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧