祈りから始まる天皇の一日。儀式と礼拝に彩られた平安時代の天皇の暮らしをのぞいてみよう

Japaaan

祈りから始まる天皇の一日。儀式と礼拝に彩られた平安時代の天皇の暮らしをのぞいてみよう

いよいよ今年は新天皇が即位されますね。 明治天皇から東京に移った皇居。73代もの永い間、天皇が暮らした京都御所。そこでは一体どのような暮らしをしていたのか、気になりませんか。 平安時代の天皇の基本的な暮らしをのぞいてみましょう。 ひな飾りの元になった紫宸殿 まずは「建礼門」。ここは天皇だけが通行できる門です。たとえ皇太子でさえも通ることはできません。 建礼門 およそ25の御殿のなかで格式高い建物は、...

「祈りから始まる天皇の一日。儀式と礼拝に彩られた平安時代の天皇の暮らしをのぞいてみよう」のページです。デイリーニュースオンラインは、京都御所天皇平安時代カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧