玉鷲、初優勝にこぎつけるまで悩まされたモンゴル人力士同士の「人間関係」!

アサ芸プラス

玉鷲、初優勝にこぎつけるまで悩まされたモンゴル人力士同士の「人間関係」!

大相撲初場所、千秋楽で遠藤を破り13勝2敗で初優勝を飾った、モンゴル出身の関脇・玉鷲(片男波部屋)だが、ここまで至るまでには、モンゴル人力士同士における人間関係の苦悩もあったようだ。 横綱・稀勢の里の復活という話題で始まった初場所だったが、3連敗でさっさと引退。ほか横綱・大関陣も不調だったというのが大方の印象だ。「白鵬以外の横綱・大関陣は、序盤で負けが目立った。その白鵬も勝つには勝ったがヒヤヒヤの...

「玉鷲、初優勝にこぎつけるまで悩まされたモンゴル人力士同士の「人間関係」!」のページです。デイリーニュースオンラインは、玉鷲モンゴル互助会稀勢の里遠藤相撲エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧