江戸の飛脚半端ないって!江戸から京都を3日間で走破した幕府公用の継飛脚とは?

Japaaan

江戸の飛脚半端ないって!江戸から京都を3日間で走破した幕府公用の継飛脚とは?

自転車も車も電車もなく、頼りにできる運送手段は人の脚のみだった江戸時代。そんな時代に己の脚ひとつで日本全国を駆け回り、大切な手紙や荷物を運んだ「飛脚」。今回はそんな彼らの中でも半端ない速さだった「継飛脚」にクローズアップします。 江戸最速の継飛脚 中世の頃から手紙や荷物を運ぶために始まった飛脚という仕事。 江戸時代に入り東海道や中山道などの五街道が整備された事により、そのスピードはさらにアップしま...

「江戸の飛脚半端ないって!江戸から京都を3日間で走破した幕府公用の継飛脚とは?」のページです。デイリーニュースオンラインは、飛脚江戸時代カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧