藤田菜七子を覚醒させた武豊の「戦訓」(2)深刻な面持ちで調教師に相談

アサ芸プラス

藤田菜七子を覚醒させた武豊の「戦訓」(2)深刻な面持ちで調教師に相談

特に武は後輩たちの海外挑戦をずっと後押ししてきた。競馬ライターもこう言う。「豊さんは、10年以上も前から『いろいろなところに出て行ってアピールしなさい』と言い続けている。フランスの自宅を池添謙一(39)に貸してあげていたこともあった。豊さんは弱冠20歳で日本ナンバーワン騎手と呼ばれ、その頃から海外に挑戦。最初は米国のアーリントン競馬場で2戦目に初勝利した。『日本で競馬をやっているのか?』なんて聞かれな...

「藤田菜七子を覚醒させた武豊の「戦訓」(2)深刻な面持ちで調教師に相談」のページです。デイリーニュースオンラインは、週刊アサヒ芸能 2019年 3/7号奥村武藤田菜七子武豊競馬スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧