“売国奴”を調べる『親日人名辞典』こんなものまで作る韓国の「親日憎し!」

週刊実話

“売国奴”を調べる『親日人名辞典』こんなものまで作る韓国の「親日憎し!」

大韓帝国最後の皇太子で、日本の王族だった李垠(イ・ウン)の侍従武官だった安秉範(アン・ビョンボム)大佐という軍人は、戦後、韓国で首都防衛を任された。ところが朝鮮戦争が勃発、北朝鮮軍の猛攻撃によってソウルは陥落、安秉範はその責任を取って割腹自殺を果たす。 朝鮮戦争では李承晩大統領が真っ先にソウルから逃げ出し、しかも敵が追い付けないように橋を爆破、そのために逃げ遅れた多くのソウル市民が犠牲となっている...

「“売国奴”を調べる『親日人名辞典』こんなものまで作る韓国の「親日憎し!」」のページです。デイリーニュースオンラインは、海外などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧