非情なり中国…新種のオランウータン生息地にダムを建設か

週刊実話

非情なり中国…新種のオランウータン生息地にダムを建設か

中国はパンダを動物愛護の視点で保護・繁殖させているのではなく、世界戦略の一環として行っていることがハッキリした。絶滅危惧種であるアジアゾウを、貧しい南アジアの農村では労働力として育んでいるが、それを札束で富裕層のペットとして買い取る行為はその一例だ。そして、今度は新種のオランウータンを危機に追い込む所業である。 オランウータンはインドネシアのスマトラ島とボルネオ島、マレーシア領にだけ生息する絶...

「非情なり中国…新種のオランウータン生息地にダムを建設か」のページです。デイリーニュースオンラインは、海外などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧