中国と北朝鮮の国境「白頭山」に“大噴火”の予兆…とまたぞろ専門家が指摘

週刊実話

中国と北朝鮮の国境「白頭山」に“大噴火”の予兆…とまたぞろ専門家が指摘

4月15日、ソウル市汝矣島(ヨイド)にある国会図書館で、「目覚める白頭山火山、どうすべきか?」と題した討論会が開かれた。この討論会に参加した釜山大学地球科学教育学科の教授はこう警告した。「2002年から、白頭山の天池で多く発生している地震は、一時期は安定していたが、昨年から再び地震が増加している状態であり、再噴火する可能性がある」 中国でも「東北部危機」が懸念されている。「近く長白山が大噴火を起こす可能...

「中国と北朝鮮の国境「白頭山」に“大噴火”の予兆…とまたぞろ専門家が指摘」のページです。デイリーニュースオンラインは、海外などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧