中国の高齢化問題は深刻…「文革世代」が多数を占め“好戦的姿勢”しばらく続く

週刊実話

中国の高齢化問題は深刻…「文革世代」が多数を占め“好戦的姿勢”しばらく続く

中国共産党はもともと革命集団であり、「国家は銃口から生まれる」(毛沢東語録)を実践してきた集団だ。古参の党員もまだ多く、彼らは勉学の機会を奪われてきたので、党員の3分の1が「銃の扱いは手慣れていても読み書きはできない」といわれてきた。 その中国共産党がこのほど発表した党内統計公報によれば、中国共産党の党員総数は2018年12月31日時点で約8956万人だったという。1年間で11万7000人増えたことになる。 「党員の...

「中国の高齢化問題は深刻…「文革世代」が多数を占め“好戦的姿勢”しばらく続く」のページです。デイリーニュースオンラインは、海外などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧