“令和”特別企画「天皇125代」その謎と真実(2)崇峻天皇暗殺の裏にあったリアル

アサ芸プラス

“令和”特別企画「天皇125代」その謎と真実(2)崇峻天皇暗殺の裏にあったリアル

さて、歴代天皇の中には、暗殺された天皇がふたりいるとされる。その一人が、5世紀後半に活躍した第20代の安康(あんこう)天皇だ。「安康天皇は宋に使者を派遣し『倭国王興』の称号を受けた天皇でしたが、臣下に騙され、仁徳(にんとく)天皇の皇子である大草香皇子(おおくさかのみこ)を罪なく攻め殺してしまった。そして、その妻を自分の妻として皇后に据えたのですが、連れ子である眉和王(まよわのおおきみ)に父親を殺し...

「“令和”特別企画「天皇125代」その謎と真実(2)崇峻天皇暗殺の裏にあったリアル」のページです。デイリーニュースオンラインは、崇峻天皇安康天皇週刊アサヒ芸能 2019年 5/2・9合併号令和皇室社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧