“令和”特別企画「天皇125代」その謎と真実(4)玉音放送に込められた「真実」

アサ芸プラス

“令和”特別企画「天皇125代」その謎と真実(4)玉音放送に込められた「真実」

幕末から明治という激動の時代。病気で倒れた父・孝明天皇(第121代)に代わり、17歳で皇位についた明治天皇(第122代)は、大政奉還、王政復古の流れの中、新政府の国家元首へと位置付けられた。明治22年、大日本帝国憲法によって天皇は「神聖にして侵すべからず」存在として神格化。一方、日清・日露戦争を経験され、大きな心労を受けたことは想像に難くない。「明治天皇は国難を打開しようと懸命に奔走する父・孝明天皇の後...

「“令和”特別企画「天皇125代」その謎と真実(4)玉音放送に込められた「真実」」のページです。デイリーニュースオンラインは、玉音放送週刊アサヒ芸能 2019年 5/2・9合併号令和天皇陛下皇室社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧