忽然と消えた「平成のいい女」(3)<歌姫篇>安室奈美恵は「7年前から声帯を壊していた」

アサ芸プラス

忽然と消えた「平成のいい女」(3)<歌姫篇>安室奈美恵は「7年前から声帯を壊していた」

平成が始まってすぐに、空前のCDバブル期が訪れた。100万枚のヒット曲が乱発し、多くの「歌姫」が生まれ、宙に舞い、そして去っていった‥‥。 今年の9月でサービスを終了する「ポケベル」をフィーチャーしたドラマ主題歌がある。国武万里(51)が切々と歌った「ポケベルが鳴らなくて」(93年)がそれだ。50万枚を売り上げ、同年の日本レコード大賞新人賞にも選ばれた。 ただし、この曲のインパクトが強かったためかヒットは続...

「忽然と消えた「平成のいい女」(3)<歌姫篇>安室奈美恵は「7年前から声帯を壊していた」」のページです。デイリーニュースオンラインは、週刊アサヒ芸能 2019年 5/2・9合併号谷村奈南上原あずみhiroko安室奈美恵エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧