阪神 矢野監督に危惧される「アニキ病」発症ベンチ裏

週刊実話

阪神 矢野監督に危惧される「アニキ病」発症ベンチ裏

「また、エラーか…」 巨人とセ・リーグ2位を争う阪神だが、失策が多く、そのまま失点に繋がることが多い。この「エラー過多」で、矢野燿大監督(50)のストレスは爆発寸前だ。 交流戦2カード目、6月7日の日本ハム戦でのことだ。途中出場した北條史也が一塁に悪送球。アウトにできたはずの走者が犠牲フライでホームに生還し、それが決勝点となって敗れた。 「4回にはライトの糸井嘉男が悪送球、6回もファーストのマルテが凡フラ...

「阪神 矢野監督に危惧される「アニキ病」発症ベンチ裏」のページです。デイリーニュースオンラインは、スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧