中国の発表した「人身売買被害者1100人超救出」がG20直前だった意味とは

週刊実話

中国の発表した「人身売買被害者1100人超救出」がG20直前だった意味とは

中国公安省が6月21日、《中国警察が昨年、妻として“売られた”東南アジア出身の女性1100人超を救出した》などと発表した。 同省は、ミャンマー、カンボジア、ラオス、ベトナム、タイの警察と7月から12月にかけて実施した合同捜査で「17人の子どもも救出した」とも述べている。救出先の容疑は「拉致、人身売買、結婚詐欺」だ。 中国では、長年続けられていた一人っ子政策と親が男子を望む傾向により、男性の方が女性より3300万...

「中国の発表した「人身売買被害者1100人超救出」がG20直前だった意味とは」のページです。デイリーニュースオンラインは、海外などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧