手話を知らなくても会話できる。手話を言葉に変換する手袋デバイスが開発される

カラパイア

手話を知らなくても会話できる。手話を言葉に変換する手袋デバイスが開発される
手話を知らなくても会話できる。手話を言葉に変換する手袋デバイスが開発される

African Curators 25歳のケニア人エンジニアで革新家のロイ・アレラ氏が開発したのは、手話で会話する耳の聞こえない人と、耳は聞こえるが手話のできない人が瞬時にコミュニケートできる手袋デバイスだ。 この「Sign-IO」という手袋デバイスを使うことで、手話を行う手の動きを翻訳して、瞬時に音声に置き換えてくれるという。 この手袋が聴覚障碍者との会話の架け橋になることが期待されている。・手袋デバイスが手話の動き...

「手話を知らなくても会話できる。手話を言葉に変換する手袋デバイスが開発される」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧