インフルエンザが原因?敗血症になった女児、両手足を切断「誤診だ」と医師を非難する声も

リアルライブ

インフルエンザが原因?敗血症になった女児、両手足を切断「誤診だ」と医師を非難する声も

福岡県内の小中学校などで7月、インフルエンザによる学級閉鎖が相次いだ。インフルエンザは、冬に流行するイメージが強く、夏は予防対策も忘れがちだが、油断すると深刻な病気に発展することがあるので、一年中注意が必要だ。 インフルエンザにかかったことが原因で敗血症になり、四肢を失った女の子の両親が敗血症の危険性を啓蒙する活動をしていると7月15日、海外ニュースサイト「7news」が報じた。 同記事によると、豪・ブ...

「インフルエンザが原因?敗血症になった女児、両手足を切断「誤診だ」と医師を非難する声も」のページです。デイリーニュースオンラインは、海外などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧