相手の特徴を逆利用?星稜・奥川恭伸に囁かれる“クローザー転向説”

リアルライブ

相手の特徴を逆利用?星稜・奥川恭伸に囁かれる“クローザー転向説”

18日の宮城・仙台育英戦(17−1)に勝利し、24年ぶりのベスト4進出を決めた石川・星稜。そのチームのエースである奥川恭伸の起用法が、ネット上で盛んに議論されている。 前日の和歌山・智辯和歌山戦(4−1)で延長14回・165球を投げ抜いた奥川は、序盤で試合の大勢が決まったことも幸いし仙台育英戦で登板を回避することに成功。19日の休養日と合わせて中2日の休養が取れたため、20日の準決勝に向けて「先発としてマウンドに上がっ...

「相手の特徴を逆利用?星稜・奥川恭伸に囁かれる“クローザー転向説”」のページです。デイリーニュースオンラインは、スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧