人斬り鍬次郎と呼ばれた、幕末の知られざる人斬り!新選組・大石鍬次郎

Japaaan

人斬り鍬次郎と呼ばれた、幕末の知られざる人斬り!新選組・大石鍬次郎

幕末には人斬りと呼ばれた人物がいました。実際に誰だろうと思い浮かべてみると「幕末の四大人斬り」として名が知れ渡っている岡田以蔵や中村半次郎、河上彦斎、田中新兵衛の誰かが挙がると思います。 しかし、上記の4名の他に人斬りと呼ばれていた人物がいました。それは新選組にいた大石鍬次郎(おおいし-くわじろう)で「人斬り鍬次郎」の異名で多くの攘夷志士から恐れられていました。 今回は新選組で唯一人斬りの名がある鍬...

「人斬り鍬次郎と呼ばれた、幕末の知られざる人斬り!新選組・大石鍬次郎」のページです。デイリーニュースオンラインは、新選組幕末江戸時代カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧