どこか同情を覚えてしまう…。多彩な能力を発揮し織田信長の重臣として活躍した明智光秀

Japaaan

どこか同情を覚えてしまう…。多彩な能力を発揮し織田信長の重臣として活躍した明智光秀

初回視聴率は19%を超え好調なスタートを切った大河ドラマ「麒麟がくる」。 明智光秀(あけちみつひで)といえば、「本能寺の変」の実行犯であり、その行為だけを見れば謀反であり、主殺しであり、非難されるべき悪党ですが、ところが映画やテレビのドラマによっては、暴君の織田信長にいじめられ、耐えに耐えた挙句に反撃に出たように描かれ、どこか同情を誘ってしまう人物です。 明智光秀像(本徳寺蔵)Wikipediaより 怨恨説...

「どこか同情を覚えてしまう…。多彩な能力を発揮し織田信長の重臣として活躍した明智光秀」のページです。デイリーニュースオンラインは、明智光秀戦国武将戦国時代カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧