“ロボコップ”元高見盛が東関部屋を継承も「本当は引き受けたくなかった?」

週刊実話

“ロボコップ”元高見盛が東関部屋を継承も「本当は引き受けたくなかった?」

昨年12月13日、41歳という若さで急逝した先代・東関(元幕内潮丸)の後継者が、ようやく決まった。1月30日、日本相撲協会は理事会で、振分親方(43、元小結高見盛)が東関部屋を継承することを承認。これからは先々代、先代と同じように「東関大五郎」を名乗り、弟子の育成に努める。 それにしても、先代が亡くなって1カ月半、なぜ継承にこれほど時間がかかってしまったのか。そもそも東関部屋には、振分親方と大山親方(元幕内大飛...

「“ロボコップ”元高見盛が東関部屋を継承も「本当は引き受けたくなかった?」」のページです。デイリーニュースオンラインは、スポーツなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧