鎌倉幕府を陰で牛耳った実力者!平頼綱「恐怖政治」と「気になる姿」

日刊大衆

写真はイメージです
写真はイメージです

大納言・久我雅忠の娘(後深草院二条)が書いた鎌倉時代の日記文学『とはずがたり』に、面白い話が掲載されている。  筆者は日本全国を旅し、正応二年(1289)九月に惟康親王(源惟康)が将軍職を罷免された事件を、滞在先の鎌倉で目の当たりにした。彼女は、鎌倉を追放されることになった将軍が「御所を出発なさる」際、対の屋の端に寄せられた、余りにも粗末な張輿(簡易な輿)を目撃。また、雑事をこなす小舎人が、将...

「鎌倉幕府を陰で牛耳った実力者!平頼綱「恐怖政治」と「気になる姿」」のページです。デイリーニュースオンラインは、平頼綱大河ドラマ歴史カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧