「30分の投資で生産性は上がる」 企業が仮眠の導入を進めるべき理由とは

新刊JP

『ハイパフォーマーの睡眠技術』を上梓した小林孝徳さん
『ハイパフォーマーの睡眠技術』を上梓した小林孝徳さん

睡眠不足に悩まされる日本人。 OECDによる2018年のデータによれば、日本人の睡眠時間は平均7時間22分で主要28国中最下位だった。 睡眠に悩めばパフォーマンスは落ち、生産性も落ちる。 質の良い睡眠をとることができれば、生産性は上がる。 それを経営層が認識し、組織全体で睡眠の改善を進めていくことを提案しているのが、SleepTech(スリープテック)を活用し、組織の睡眠課題の解決に挑むニューロスペースの代表・小林孝徳...

「「30分の投資で生産性は上がる」 企業が仮眠の導入を進めるべき理由とは」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧