VIOのヘア処理はなんと石で!?今では考えられない江戸時代の湯屋の内部とは

Japaaan

VIOのヘア処理はなんと石で!?今では考えられない江戸時代の湯屋の内部とは

江戸時代のお風呂は猫も杓子も、富める者も貧しい者も基本的にはみんな「銭湯」でした。そして当時は「銭湯」ではなく、「湯屋(ゆや)」と呼んでいました。「湯屋」の内部は、今の銭湯とは大違い。 今回はそんな湯屋を、ちょっぴりのぞき見してみましょう! 江戸時代の銭湯文化に関しては以下の記事も合わせてどうぞ 痴漢や売春もあった?江戸時代は混浴だった銭湯や温泉はどうして減少していったのでしょうか 江戸時代の...

「VIOのヘア処理はなんと石で!?今では考えられない江戸時代の湯屋の内部とは」のページです。デイリーニュースオンラインは、銭湯江戸時代カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧