予防医学の権威が語る「アフターコロナ禍」今後の暮らしと後遺症

日刊大衆

画像はイメージです
画像はイメージです

大阪府の吉村洋文知事、東京都の小池百合子知事が、次々に独自の休業要請緩和基準を表明。5月21日には、39県に続き、関西2府1県でも緊急事態宣言が解除され、ようやく出口が見え始めてきた新型コロナ禍。  関東1都3県と北海道の解除こそ延期されたが、新潟大学名誉教授で医学博士の岡田正彦氏は「急速に終息へ向かっている段階。今月末には終息するでしょう」と太鼓判を押す。  岡田氏は、数理統計学の専門家で予...

「予防医学の権威が語る「アフターコロナ禍」今後の暮らしと後遺症」のページです。デイリーニュースオンラインは、新型コロナウイルス岡江久美子吉村洋文小池百合子志村けんカルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧