脅迫なう...某空手ライターから脅しの電話:その3『ほぼ日刊 吉田豪』連載161

東京ブレイキングニュース

脅迫なう...某空手ライターから脅しの電話:その3『ほぼ日刊 吉田豪』連載161
脅迫なう...某空手ライターから脅しの電話:その3『ほぼ日刊 吉田豪』連載161

で、ここからが最近の話。ボクが士道館の添野義二館長を取材したら「キミはどんな話もわかってくれるから話が早くていいよ! 今度、俺の本を一緒に作ろう!」と誘われて、そのこと自体は光栄なんですけど、芦原会館とも松井館長とも決裂した小島一志という人がいま添野館長の本を作ろうとしていて、本人曰く書き上がった原稿を全部没にして、いま自分の息子に取材をさせているとかブログで書いてたんですよ。  なので、これは...

「脅迫なう...某空手ライターから脅しの電話:その3『ほぼ日刊 吉田豪』連載161」のページです。デイリーニュースオンラインは、脅迫脅しの電話空手ライター吉田豪カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧