子供が蹴ったボールを避けようとバイクに乗った老人が転倒し1年4ヶ月後死亡 最高裁で思わぬ判決に

ゴゴ通信

子供が蹴ったボールを避けようとバイクに乗った老人が転倒し1年4ヶ月後死亡 最高裁で思わぬ判決に

サッカーをしていた子供が勢い余ってボールを道路まで蹴ってしまい、その場に偶然通りがかったバイクに乗った85歳の老人が避けようと転倒。老人はそれっきり寝たきりになり1年4ヶ月後に肺炎で死亡してしまった。 遺族は子供の過失だとして損害賠償を求め、一審、二審共に約1100万円の支払いを命じた。そして本日最高裁判決が言い渡され、一審、二審の判決とは異なり支払う必要は無いという判決が下った。親の賠償責任認めず遺族...

「子供が蹴ったボールを避けようとバイクに乗った老人が転倒し1年4ヶ月後死亡 最高裁で思わぬ判決に」のページです。デイリーニュースオンラインは、85歳TOPICS棄却最高裁遺族社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧