川崎火災事件で見えたドヤ街事情「放火や刃傷沙汰は日常茶飯事」

デイリーニュースオンライン

川崎・簡易宿泊施設の火災現場(写真/村田らむ)
川崎・簡易宿泊施設の火災現場(写真/村田らむ)

5月17日未明、川崎市日進町にある簡易宿泊施設、いわゆるドヤから出火して9人が亡くなった。  ドヤとは、簡易宿泊所のことで、主に日雇い労働者などが泊まっている。連泊して、アパートのように利用する人も多いが、名前など身分を明かさない人が多いので、いまだ9人中3人しか身元が分かっていないという(5月25日現在)。  こうしたドヤの多くは違法建設で、非常階段などが設置されていない建物が多い。出火した以前に住ん...

「川崎火災事件で見えたドヤ街事情「放火や刃傷沙汰は日常茶飯事」」のページです。デイリーニュースオンラインは、社会貧困犯罪生活保護社会などの最新ニュースを毎日配信しています。
このエントリーをはてなブックマークに追加
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧