新国立競技場 2本の巨大なアーチや開閉屋根も不要と提言 建築家の槙文彦

ゴゴ通信

新国立競技場 2本の巨大なアーチや開閉屋根も不要と提言 建築家の槙文彦

2020年に開催される東京オリンピックのメインスタジアムとなる新国立競技場の巨大なアーチが不要だと提言している。その2本のアーチはスタジアム上部を覆うように作られる予定だが、そのアーチがネックとなっており、巨額の建設費と工期の遅れの原因となるとしている。 新国立競技場のグラウンド上の開閉式屋根の完成時期は2020年のオリンピック後に延期するとしていたが、開閉屋根も不要としている。 この代替え案は建築家の槙...

「新国立競技場 2本の巨大なアーチや開閉屋根も不要と提言 建築家の槙文彦」のページです。デイリーニュースオンラインは、槙文彦アーチ2020年TOPICS建築家エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧