嵐がついに降板か…NHK紅白歌合戦の司会にSMAP起用が急浮上 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

写真は公式HPより
写真は公式HPより

 8月30日に放送された『NHKのど自慢』に、「番組開始70年の顔」として起用されているSMAPがゲスト出演した。一般の出場者と気さくに絡む姿は視聴者に好評だったようで、視聴率も今年最高の12.1%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)を獲得。SMAPの魅力が改めて評価されるとともに、『NHK紅白歌合戦』の司会登板を希望する声もあがっている。

キムタクが替え歌披露の大サービス

 今年の4月から、『のど自慢』の特別応援企画を展開しているSMAP。この日、神奈川県・秦野市で行われた生放送に演歌歌手の坂本冬美(48)とともに登場し、香取慎吾(38)はスペシャルMCとして小田切千アナウンサー(45)と進行を担当。他のメンバーは出場者に混じって席に座り、合間には個性豊かな出場者たちとトークを繰り広げた。

 そしてエンディングでヒット曲「SHAKE」を披露。木村拓哉(42)は自身のパートで、

「のど自慢の日は~鐘が2つでもイライラしない~! yeah!」

 と替え歌するなど、出場者や観客を盛り上げた。

「『SHAKE』歌唱後、“歌へたキャラ”のリーダー・中居正広(43)が『(不合格の)鐘が鳴るんじゃないかと思いましたけど、良かったですよ』と冗談を飛ばし、会場は大きな笑いに包まれました。この日の『のど自慢』は通常より放送時間を拡大したスペシャル版でしたが、午後12時15分からの45分間が12.1%、ニュースを挟んで午後1時5分からの25分間が10.5%を記録。前週の23日が8.7%、16日も8.0%と1ケタでしたから、SMAP効果で視聴率が上昇したことは明白でしょう」(芸能ライター)

 今回の放送について視聴者からは、おおむね好意的な声があがっている。ネットには、

「SMAPゲストののど自慢凄く楽しかった~♪ 出しゃばらず自分達の立ち位置を完璧にこなすSMAPってやっぱり凄い」
「のど自慢に新しい風を吹かせつつ変に敷居が高くなることも無く溶け込んでた。何よりあのキムタクさんが一般視聴者目線の振る舞いなのが楽し過ぎた。こういう所が本当にすごい」

 といった感想があがるなど大好評。また、SMAPファンや一部ネットユーザーからは、

「視聴率も取れたし、年末の紅白も内定!」
「のど自慢 面白かったぁ これで今年の紅白はSMAPの5人だったらいいのになって思ってしまった!」
「慎吾の司会ぶりを観て、“紅白の司会もありかも”と思った」

 と、SMAPの『紅白』司会起用について予想・希望する声も見られた。

「嵐がついに降板か…NHK紅白歌合戦の司会にSMAP起用が急浮上」のページです。デイリーニュースオンラインは、SMAP木村拓哉紅白歌合戦テレビ番組エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧