小嶋陽菜は家賃300万!?AKBメンバーの仰天マンション事情 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

写真は小嶋陽菜写真集「どうする?」より
写真は小嶋陽菜写真集「どうする?」より

 国税の税務調査を受け、3年間で約5億円の申告漏れを指摘されたAKB48グループの運営会社・AKS。小嶋陽菜(27)など一部メンバーの高額な家賃、旅行代、美容代などを約4億円、また昨年辞任した窪田康志・前社長(44)が使った交際費約4000万円を経費計上したことが原因で、追徴税額は1億数千万円にのぼった。

 各メディアの報道により、家族と住むメンバーの家賃や、月100~200万円の家賃まで負担していたことも判明したが、どのメンバーがどんな部屋に住んでいるのかまでは明かされていない。この点を詳報しているのが、“文春砲”として数々のAKB48スキャンダルをスクープしてきた、『週刊文春』(文藝春秋)だ。9月10日発売号の同誌では、各AKBメンバーのマンション事情について詳細を報じている。

こじはるの家賃は300万!?

 同誌によれば、家賃額のトップは150~300万円という超高額物件に住む小嶋陽菜(27)。3LDKの間取りに、広さ200㎡以上。風呂は2つ、ベランダから森が見渡せるジャグジー付きというから驚きだ。こじはるは以前に住んでいたマンションも家賃70万円前後。近所のスーパーにもタクシー移動を欠かさない、というから行動はセレブそのものだ。

 また元メンバーの河西智美(23)が住むのは、家賃100万円は下らない六本木の有名高層マンション。窪田社長との“お泊まり疑惑”が報じられた当時の住まいはプール、フィットネススタジオ完備の推定60万円の物件だったそう。昼間から近所の寿司屋で中年男性と一緒にいる姿が目撃されており、相変わらずバブリーな生活をしているようだ。

 かつてのセンター、元メンバーの前田敦子(24)はといえば、推定50万円前後の渋谷区内にある高級物件に住んでいた。が、文春がスクープした“泥酔パンツ事件”によって特定され、マンション前にファンらしき男性グループがたむろする事態が勃発。現在は目黒区内の低層マンションへ引越したが、こちらも100万円前後というから立派なもの。

「小嶋陽菜は家賃300万!?AKBメンバーの仰天マンション事情」のページです。デイリーニュースオンラインは、アイドルAKB48芸能エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧