薄毛男性は毛がある男性より精子の数が「60%も少ない」と判明 (1/2ページ)

Suzie(スージー)

薄毛男性は毛がある男性より精子の数が「60%も少ない」と判明

スキンヘッドの男性には、大胆で豪傑なイメージがありませんか?

スキンヘッドは強さや絶倫の象徴ともいわれ、強い悪役や謎めいたキャラクターのイメージでもあります。

しかし最新の研究で、若いころから髪の毛がなくなる人は生殖能力が低いということがわかったのです。なんと薄毛の男性は、髪の毛がたくさんある男性にくらべ、精子の数が60%も少ないのだとか。

それでは早速、『Daily Mail Online』で紹介されている、スキンヘッドの意外な真実を見てみましょう。

■スキンヘッド=男性ホルモンが多いイメージの理由

そもそも、どうしてスキンヘッドは豪傑さや絶倫の象徴として扱われているのでしょうか。

それは男性ホルモンの量に関係があります。薄毛が早く始まる男性は、男性ホルモンであるテストロゲンの量が多いといわれています。

テストロゲンが多い男性は男らしく、性欲が強く、そのかわり薄毛も早く始まってしまう、というわけ。そのため、大胆で生殖能力が高いというイメージがつきまとうのです。

■早く髪の毛がなくなる男性は精子の数が60%少ない

一般的に多くの男性は50代前後に髪の毛が減っていきますが、早ければ10代の後半から薄毛がはじまることがあります。

では、そういうタイプにはどんな特徴があるのでしょうか?

その点を探るべく、生殖の専門家や皮膚科学者たちは精液の質と生殖機能の関連について調査を行いました。

調査の結果わかったのは、早く薄毛が始まっている男性(大体30代から)は、髪の毛がふさふさの男性にくらべて、精子の数が60%近く少なく、量も約20%少ないということ。

俗にいわれるスキンヘッドの男性のイメージとは正反対の結果となったのです。

■男性ホルモンが少なくても薄毛になることが明らかに

かつて薄毛は男性ホルモンの量が多い証とされ、薄毛の男性は男らしいと思われていました。

「薄毛男性は毛がある男性より精子の数が「60%も少ない」と判明」のページです。デイリーニュースオンラインは、カルチャーなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧