浜崎あゆみ「タダ券ばら撒き」「顔面劣化」と嘲笑浴びても走り続けるワケ (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

「ayumi hamasaki official website」より
「ayumi hamasaki official website」より

 ファンクラブツアー『TA LIMITED LIVE TOUR』の真っ最中の歌手・浜崎あゆみ(36)。これまでアリーナ規模の会場が当たり前だった浜崎あゆみだが、今ツアーでは2000人クラスのライブハウスを中心に全国8都市で19公演を開催する。

「ファンクラブ会員の皆に会いに行きたい」という本人の希望から実現したツアーだが、ネット上では「アリーナじゃ空席祭りだからね」などと厳しい声ばかり。さらに、自慢のルックスに関しても歌番組出演をきっかけに「顔面が劣化しすぎ」「妖怪みたいになってきた」といった辛辣な意見が上がり、かつての日本を代表する"歌姫”の面影すらない苦境が浮き彫りになっている。

アリーナツアーは限界? タダ券ばら撒き報道も

 全盛期はミリオンを連発していた浜崎。シングル総売上約2150万枚、アルバム総売上約2900万枚。合計で5000万枚以上という怪物級のCD売上記録を保持している。一時期は所属レコード会社「エイベックス」の利益の約4割を一人で稼ぎ出していた。

 だが、近年は音楽不況を踏まえても異常なほど数字が落ち込み、2014年10月に発売したシングルは初動売上3000枚以下という大爆死となった。アルバムからのリカットといった悪条件が影響しているが、それを差し引いても全盛期では考えられない数字だ。

 それでもアリーナクラスでのライブツアーを続けることで面目を保っていたが、今春から今夏にかけて開催された全国ツアーでは「タダ券がばら撒かれている」との報道が噴出。実際、後援者と思われる人物がLINEなどで無差別に無料招待の案内を送っていることが確認されたといい、大量のチケッが余っている様子だったという。

 ライブの不入りは数年前からささやかれており、特に地方会場が顕著。2013年には青森県で開催した2DAYS公演のチケット売上があまりに低調だったため、開催10日ほど前に県内の各家庭に宣伝チラシが放り込まれるという切ない事態も起きた。

「都市部は昔からの熱烈なファンが多いので何とかなりますが、地方のアリーナ公演は苦戦。長年の後援者やスタッフが『歌姫』に恥をかかせないためにチケットを買い取って無料でバラ撒いたり、宣伝チラシなどの広告を打って必死に取り繕おうとしている。しかし、それも限界。今回のライブハウスツアーはファンサービスだけでなく、中小規模会場ツアーの予行実験という意味合いもあるのでしょう」(音楽関係者)

 浜崎のメインファン層はヤンキー系が中心といわれていたが、現在はEXILE系に興味が移っている。特に近年は地方の方が流行に敏感になっており、もはや「過去の人」である浜崎のライブに足を運ぶ人は激減しているのだ。

「浜崎あゆみ「タダ券ばら撒き」「顔面劣化」と嘲笑浴びても走り続けるワケ」のページです。デイリーニュースオンラインは、浜崎あゆみ音楽芸能エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧