感涙の”名セリフ&名シーン”50年秘史!「俺たちの旅・田中健」 (1/2ページ)

アサ芸プラス

感涙の”名セリフ&名シーン”50年秘史!「俺たちの旅・田中健」

 今から40年前、75年10月に始まった「俺たちの旅」(日本テレビ系)は、今なお高い評価を得ている。主演トリオの一人、オメダに扮した田中健(64)が色あせない魅力を語った。

──三流私大生のカースケ(中村雅俊)、その同級生のオメダ、カースケの同郷の先輩・グズ六(津坂まさあき⇒現在は秋野太作)と、当時の青春ドラマには珍しく男3人が主人公。失礼ながら、それほど当たるとは思えませんでした。

田中 2クール半年の予定が、視聴率が高かったので4クールに延長。そればかりか10年サイクルで3本のスペシャル版も作られた。今でも会う人に「あれは名作でした」と言われるよ。

──やはり男性ファンが多いですか?

田中 圧倒的に男性の支持。だって撮っている時も、メインの斎藤光正監督が「女はわからなくていい」って宣言したくらい。

──小椋佳が作詞作曲した主題歌もよかったですが、タイトルバックも印象的下にカースケ、真ん中にオメダ、上にグズ六の「3人肩車」はマネした人も多かったはず。

田中 あれは斎藤監督の思いつき。でも、3人そろってひきつった表情をしていたね。

──これもオンタイムで観ていた世代に忘れられないのが、カースケとオメダの間で揺れ動く洋子(金沢碧)の着替えのシーン。まさか、夜8時の青春ドラマでバストトップが見えるとは!

田中 しかも第1話だったんだよね。あの場面の台本には「着替える」しか書いてなかったのに、監督が初回ということで碧ちゃんに「脱いでみるか?」とハッパをかけたかもしれない。

──ドラマ史に残る美しい乳房でした。さて本題ですが、生きることの意味や苦しみ、喜びを語るセリフが多かった。オメダとして記憶するセリフは?

田中 その日暮らしのカースケに対し、オメダは憧れてはいるが、常識の枠を超えられない。それを象徴したセリフ──、

〈俺はお前がシャクだったんだよ。

「感涙の”名セリフ&名シーン”50年秘史!「俺たちの旅・田中健」」のページです。デイリーニュースオンラインは、田中健俺たちの旅中村雅俊週刊アサヒ芸能 2015年 11/5号エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧