ももクロ「紅白を卒業します」と発表…上から目線に「落選しただけ」と批判殺到

デイリーニュースオンライン

ももいろクローバーZオフィシャルHPより
ももいろクローバーZオフィシャルHPより

 11月26日、『第66回NHK紅白歌合戦』の出場者が公式に発表された。各選出・落選歌手の悲喜こもごもが伝えられるなか、3年連続出場していたアイドルグループ・ももいろクローバーZは落選となり、発表直後には公式HPで「ももいろクローバーZは紅白歌合戦を卒業します」と発表したことで、ネットユーザーから不要な反感を買ってしまっているようだ。

 同日、公式HPには「モノノフのみなさんへ」というタイトルのトピックが掲載され、「モノノフのみなさんいつも応援ありがとうございます。ももいろクローバーZは紅白歌合戦を卒業します。ありがとうございました」とつづられていた。

批判を受け、素直に「落選」したことを認める

 この公式発表に対して、ネット上には

「来年以降は例えオファーがあっても断るということ?」
「卒業じゃなくて落選でしょ」
「辞退したのか、選ばれなかったのか(笑)」

 と、冷ややかなコメントが噴出。さらに昨年で紅白連続出場が打ち切られた浜崎あゆみ(37)と関連付けて

「浜崎あゆみの二番煎じかい」
「おまえもか」

 という批判も出ている。浜崎は自身のツイッターで、公式発表前から「ベストな形でお別れができたことをむしろ清々しい気持ちで喜んでいるわけでして」「NHKホール卒業させていただきます!」と上からな卒業宣言をして、バッシングが殺到していたものだった。

 この意外なネット上の批判に焦ったのか、“あーりん”こと佐々木彩夏(19)は27日、自身のブログに

「みんなぁ。昨日、今年の紅白の発表がありました。ももクロは落っこちてしまいました。紅白を卒業することになりました。応援してくれてるみんな、楽しみにしてくれてたみんなごめんね。あーりんも、昨日さみしくて心がぽっかりしちゃったよ。正直、すごい悔しいし残念」

 と、卒業=落選であることを改めてつづった。

「ももクロの紅白は通算3回のみで、さらに昨年はメンバーの有安杏果(20)が病欠と中途半端なステージだったこともあって、先手を打つような『卒業宣言』は視聴者の反感に繋がってしまったようです。また、往年のファンにとって心配されるのは、2011年に脱退した元ももいろメンバーの早見あかり(20)の存在。『お互いに実力が認められ、いつか紅白歌合戦で共演すること』を約束した現メンバーと早見ですが、グループ側が勝手に『卒業宣言』をしてしまったのでは、もはや支離滅裂。宣言撤回は当然の流れでしょう」(スポーツ紙記者)

 ももクロや運営スタッフらは今回の落選を謙虚に受け止め、ファンが期待する約束を果たせるよう、さらなる飛翔を果たしてくれることを祈りたい。

(文/一樹守)

「ももクロ「紅白を卒業します」と発表…上から目線に「落選しただけ」と批判殺到」のページです。デイリーニュースオンラインは、紅白歌合戦ももクロアイドル芸能エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧