不倫報道を糧に…ココリコ遠藤の“ゲス再婚”の舞台裏

デイリーニュースオンライン

写真はよしもとHPより
写真はよしもとHPより

 ベッキー(31)、イクメン議員こと宮崎謙介(35)に桂文枝(72)と不思議なくらい連鎖する不倫報道。そんな状況を逆手にとって話題を集めているお笑い芸人がいる。ココリコの遠藤章造(44)だ。

 2015年のクリスマスにタレント・関根勤(62)の元マネージャーと結婚した遠藤章造だが、4月には男の子が生まれる予定。いわゆる“できちゃった婚”なのだが、そもそも遠藤はタレント・千秋(44)と07年に離婚しており、再婚となる。

「遠藤さんは『千秋と離婚した原因は浮気。ゲスでしたね』などとバラエティで話していますが、これに相手方の元マネージャーがピリピリしているともっぱらの話です。彼女とは4年間の交際を経ての結婚ですが、子供ができるまで踏ん切りがつかなかった。交際期間中に別の女性を口説いている話もバレており、そもそも信頼はない。遠藤さんは、ラジオ番組で結婚について『2回目なので、これで最後』と話していますが、早くも離婚を心配する声は上がっています」(芸能プロ関係者)

 年貢の納め時とはいえ、周囲は不安視しているのだ。

■テレビ番組でゲスぶりを次々と晒される

 夫婦危機が叫ばれるのには、直近の遠藤の発言によるところも大きい。芸人という職業柄もあるだろうが、2日連続で“ゲスすぎるエピソード”がバラされてしまったのだ。

 2月27日、日本テレビ系「メレンゲの気持ち」では、夫人からの手紙が取り上げられた。その中には、婚姻届の印鑑を押す際に遠藤が発した“ゲストーク”が暴露された。

「もし北川景子ちゃんや石原さとみちゃんから誘われたりしたら、内緒で行っちゃうと思うけど、後で知っても、あんな美人な女優さんだったら、それは許してくれるよね?」

 茶目っ気たっぷりに暴走する遠藤。傍目には微笑ましく見えなくもない。夫人は印鑑を押し、結婚は成立したものの、ドン引きしたことを番組で明かしている。

「芸能界で仕事をしてたこともあり、遠藤さんの夫人はかなり理解があるほうだとは思います。多少の遊びは芸の肥やし、と考えなくもないですが、遠藤さんの女癖は予想の斜め上を行きますから……写真や動画を保存する趣味もあるので、携帯がみつからないことを祈るばかり(笑)」(前出の芸能プロ関係者)

 2月28日放送の読売テレビ「上沼・高田のクギズケ!」では、千秋との離婚理由を「複数回にわたる浮気」であることを共演者の月亭方正(48)にバラされた。遠藤は新婚のタイミングで「浮気が原因で前妻と離婚」をしぶしぶ認めた形だ。実はこれは初めてのこと。

「これまでは遠藤が未公開株詐欺にあったことや、千秋さんは『遠藤が阪神ファンから巨人ファンに乗り換えたから』と離婚の理由に挙げていた。しかし、これは幼い長女に気を遣ってそう言わざるをえなかったようです」(前出・芸能プロ関係者)

 遠藤は番組で「2度と浮気をしない」と誓っていたが、果たしてどれだけの視聴者が信じただろうか。相方で親友の田中直樹(44)が「大丈夫だと思います」と遠藤を全面的に信用しているのがせめてもの救いか。

海保真一(かいほ・しんいち)
1967年秋田県生まれ。大学卒業後、週刊誌記者を経てフリーライターに。実話誌や週刊誌などで執筆し、芸能界のタブーから子供貧困など社会問題にも取り組む。主な著書に『実録!アメリカの陰謀』『格差社会の真実』(ともに宙出版)ほか多数。
「不倫報道を糧に…ココリコ遠藤の“ゲス再婚”の舞台裏」のページです。デイリーニュースオンラインは、遠藤章造不倫騒動結婚エンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧