元Hey! Say! JUMPの森本龍太郎を苦しめた”ストーカー騒動”の顛末 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

写真は公式ブログより
写真は公式ブログより

 元Hey! Say! JUMPメンバーの森本龍太郎(21)が、約4年ぶりに芸能界復帰を宣言した。未成年での喫煙が問題視され、そのままグループから姿を消した過去を持つだけに、各方面から注目が集まっている。

 ジャニーズ事務所入りは2004年。小学6年生だった2007年11月にHey! Say! JUMPとしてCDデビューを果たした。グループでは最年少、メンバーにも可愛がられるマスコットキャラクター的な存在だった。

 そんな森本のスキャンダルが報じられたのは、およそ5年前のこと。2011年6月、『週刊女性』に14歳~15歳当時に撮影されたという喫煙写真が2枚掲載されたのだ。本人も喫煙を認めたことから、無期限の活動停止処分に。以降、これまで何度も復帰説が浮上していたが、やはり青少年を多く擁するジャニーズでは、グループに戻ることは叶わなかった。

 未成年の喫煙は確かに問題ではある。だが、一方でアイドルとして活躍する森本を取り巻く状況もなかなか厳しいものだったようだ。

「そもそも、森本がタバコに手を出したきっかけは、ジャニーズや芸能活動でのストレスが原因ではないか? と見る向きが多かった。というのも、喫煙が発覚する2年前、森本から携帯電話を奪ったとして17歳の無職少年が窃盗容疑で逮捕される事件が発生。この少年は以前から森本につきまとい、自宅を訪ねるなどストーカー行為を繰り返していたのです」(ジャニーズに詳しいライター)

 この“ストーカー騒動”は、森本の心を蝕む要因となったことは想像に難くない。

「元Hey! Say! JUMPの森本龍太郎を苦しめた”ストーカー騒動”の顛末」のページです。デイリーニュースオンラインは、森本龍太郎Hey! Say! Jumpジャニーズエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧