開店数か月で閑古鳥?コロッケ”ものまねレストラン”の悲惨すぎる内情 (1/2ページ)

デイリーニュースオンライン

「ものまね四天王コロッケ」より
「ものまね四天王コロッケ」より

 ビジュアルから歌声まで300を超えるものまねレパートリーで、“ものまね界のレジェンド”との呼び名が高いコロッケ(56)。今年、ものまねレストランをオープンしたのだが、開店からわずか4ヶ月にもかかわらず厳しい状況だという。

■ものまねレストランが閑古鳥状態

 かつてのものまね四天王が窮地に立たされている。

「今年1月に麻布十番にオープンしたコロッケプロデュースのものまねレストランが、ガラガラで厳しいみたい」(芸能プロ関係者)

「私の36年間の夢がついに実現する」とコロッケがプロデュースした日本初の本格的ものまねショーレストラン「C」は今年1月に都内の一等地、麻布十番にオープンした。150席にバブル期を彷彿させるド派手なステージなどは総工費5億円を要したという。気になる価格はディナー・ドリンクのコースだと、もっとも安いカジュアルシートの基本料金は月~木・日・祝日で1人1万2000円。グランドシートは、月~木・日・祝日で1人1万4000円。もっとも高いのはウィングラウンジ月~木・日・祝日で1人1万7000円、金・土・祝日前は2万円程度に。

 この基本料金にドリンク代が加算されることを考えると少し高いような気もするが、「コロッケ自ら選出したパフォーマーや、ものまねタレントらのステージはおもしろいと評判」(ものまね芸人)だったのだが……。

「開店数か月で閑古鳥?コロッケ”ものまねレストラン”の悲惨すぎる内情」のページです。デイリーニュースオンラインは、ものまね芸人コロッケビジネスエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧