嵐・松本潤の”ジョジョ”破談?ジャニーズと映画実写化の舞台ウラ

デイリーニュースオンライン

まさかの原作者NGにジャニーズの面子が丸つぶれ(ジョジョの奇妙な冒険 第4部 ダイヤモンドは砕けない 総集編 Vol.4より)
まさかの原作者NGにジャニーズの面子が丸つぶれ(ジョジョの奇妙な冒険 第4部 ダイヤモンドは砕けない 総集編 Vol.4より)

 最近、ジャニーズがマンガ原作映画への出演に積極的だ。Hey! Say! JUMP・山田涼介(23)主演の『暗殺教室』は大ヒット。8月には生田斗真(31)主演『秘密 THE TOP SECRET』も控えている。

 そんな中、嵐・松本潤(32)主演で実写化すると言われていた、大ヒット漫画『ジョジョの奇妙な冒険』が破談となった。同作は、累計発行部数は9,500万部超、現在も『ウルトラジャンプ』(集英社)で連載中。その3部作の主人公・空条承太郎を松本が演じることで話が進んでいたが、作者の荒木飛呂彦(56)が「195センチの主人公に松本は合わない」と、OKを出さなかったのだ。

 これに対してジャニーズ側は激怒。嵐の松潤をコケにされたのもあるが、「大きなチャンスを逃したからだ」とジャニーズに詳しい関係者は語る。

「漫画の実写化は、当たれば続編やスピンオフなど、1作品で何本も作品を量産できる。『るろうに剣心』『GANTS』のように、最初から前後編として映画化が決定することもあります。一度主人公に抜擢されれば、シリーズが続く限り仕事が舞い込む。つまり、利権を得ることになります。抜群の知名度を誇り、根強い人気がある『ジョジョ』は大ヒット間違いなしで、シリーズ化も見込んでいたはず。それがジャニーズにとっては屈辱ともいえる松本のNG。これがテレビであれば事務所の力でねじ込むことができたが、映画では通用しなかった」

■『ジョジョ』を失ったジャニーズの焦り

 近年、漫画の実写映画の主人公役は、ライバルたちがひしめく激戦区だ。実写化の常連、藤原竜也(34)を筆頭に、若手の山崎賢人(21)、窪田正孝(27)などが名前を連ねる。

「実写映画と言えば、ここ最近はジャニーズタレントより、むしろ、藤原竜也、山崎賢人、窪田正孝など本業の役者たちの寡占状態です。ジャニーズはなんとかこの枠に食い込みたい。しかし、ジャニーズキャスティングは原作ファンの反感を買うことが多い。事務所の力が通じない映画界だからこそ、出演実績を作らなければならない。Hey! Say! JUMP・山田が『暗殺教室』に続いて、『鋼の錬金術師』に、生田も『土竜の唄』『予告犯』『秘密』と、漫画原作の作品を中心に出演しているのも、そのあらわれ」(前出・関係者)

 映画界の主流になりつつある漫画作品の実写化。ジャニーズであってもその利権は、のどから手が出るほど欲しいのである。

文・橘カイト(たちばな・かいと)
※1979年島根県生まれ。編集プロダクションを経て、フリーに。週刊誌などで芸能関係の記事を執筆。また、民俗学などにも精通し、日本のタブーにも数多く取材。主な著書に『真相!禁忌都市伝説』(ミリオン出版)ほか多数。
「嵐・松本潤の”ジョジョ”破談?ジャニーズと映画実写化の舞台ウラ」のページです。デイリーニュースオンラインは、山田涼介ジョジョの奇妙な冒険松本潤ジャニーズエンタメなどの最新ニュースを毎日配信しています。
LINE
ページの先頭へ戻る

人気キーワード一覧